指導概要

指導概要

全国から依頼される指導

翔励学院には、一都三県をはじめ片道3~4時間かけて通学する生徒もいれば、かつては飛行機を利用して通学する生徒もいました。三度にわたる学院内の調査では、生徒全員がオンラインではなく教室での指導を希望しました。遠方からであっても生徒たちがわざわざ通う理由は、その指導力にあります。また、高校教員や塾・予備校講師向けの「指導法」の指導を要請されることも多々あります。
全国各地から依頼される翔励学院の指導には、次のような特徴があります。

1:個別指導へのこだわり

翔励学院では、生徒一人につき一人の講師が授業を担当する個別指導を実施しています。「個別指導」と言いながらも、どの生徒に対しても同じ指導(カリキュラム)をしているだけでは、意味がないと私どもは考えています。

当学院では、まず志望大学の求める学力・人物像を徹底的に分析し、本人の特性などを見極めながら、「この生徒の場合はどのように指導すれば合格できるか」を検討します。授業で扱う単元や指導法、教材、宿題の内容・分量など細部に至るまでこだわり抜いた個別指導を実施しています。これまでの事例については、合格実績・事例解説をご覧ください。
 

2:「考え方」からのアプローチ

翔励学院では、生徒が書いた文章に対して「なぜこのように考えたのか」というプロセスを重視しています。生徒が考えたことを無視して、言葉や表現を修正するのではなく、生徒が調べたこと、出題した課題に対してどのように向き合ったかをヒヤリングし、より良い回答を見出せるように指導しています。頭の中を整理することで、必然的に適切な言葉・表現へと変化させる指導を行っています。

大学側が小論文を課すのは、生徒の「考え方」を評価するためです。小論文で合格するためには、小手先のテクニックを学ぶのではなく、志望大学が求める「考え方」を習得することで、合格することができます。

3:知性と人性の教育

翔励学院では小論文の学習を通して、大学や学問、社会での諸問題に対して「誠実に向き合う姿勢」や「志望先にふさわしい人格」の習得を目指します。そのうえで講師の解説や資料探しのサポートなど、入試に必要な専門知識習得のための指導を実施しています。

志望先が求める「人性」と、小論文を書くうえで必要な「知性」の教育をバランス良く展開しています。これにより、志望先から求められる人物へ成長していくのです。

その他以下のページで、翔励学院がどのような指導をしているのかを紹介しています。
 

 
また、各選抜対策、入試対策の詳細をご紹介いたします。
 
真剣に取り組む生徒へ 翔励学院は、圧倒的な指導力で合格へ導きます 完全予約制の無料学習相談受付中!
相談予約・お問い合わせ