入会までの流れ

FAQ(よくある質問)

教室はどこにありますか?

各線渋谷駅から徒歩5~7分程度のところにございます。地図は<アクセス>ページをご覧下さい。ご予約頂きましたら、道順をメールにて送りしております。なお、当学院は完全予約制となっておりまので、来会ご希望の方は必ずご予約をお願い致します。

対象は何年生ですか?


学年に定めはありませんので、どの学年の方でもどうぞお越し下さい。これまで、中学生・高校生の他、大学生や社会人の方も指導をして参りました。小論文の学習は「思考力」「考え方」の学習です。人の考え方は時間をかけて変化していくものです。十分な実力をつけるためには、大学受験であれば高校2年生の7~9月までを受講開始の時期として推奨しています。入試まで1年以内の方については、取り急ぎ準備をされることをお勧め致します。

帰国子女や留学生への対応は可能ですか?

はい、対応しています。当学院では毎年のように帰国生や留学生を受け入れてきました。実際に帰国生入試はもちろん、受験とは関係なく日本語の論文作成能力を向上させるために通塾されている方々もいます。

 

面接や志望理由書の指導はしてもらえますか?

はい、指導致します。小論文と面接がセットになっている入試も多く、小論文と志望理由書・面接に言葉の差異などが生じないように、これらは総合的に指導しています。事前に大学に提出しなければならないレポート対策も指導しています。

短期間でも指導してもらえますか?

当学院の指導は受講生の考え方から指導を行います。思考が変化するには、一定の時間がかかります。よって当学院では三か月未満の指導は原則承っておりません。

社会人でも対応していますか?


はい、問題なく対応しています。大学受験の他、就職試験対策(エントリーシートや小論文・面接対策)も対応可能です。

月に何コマくらい受講すればいいですか?

志望大学、受験までの時期、現在の生活状況もありますので、個別に提案をしています。おおよその目安は受講料のページに記載がございます。

自習室はありますか?

自習室はありませんが、必要に応じて教室で自学することは可能な場合がございます。担当者へご相談ください。

相談に予約は必要ですか?

教室来会は完全予約制となっています。必ず事前の予約をお願い致します。
 

授業は何分授業ですか?どんな時間割ですか?

1コマ80分授業です。入試が差し迫っている場合、遠方からの通学や社会人など、時間的制約のある方の場合は、2コマ連続で授業をする場合もあります。

時間割は毎月生徒ごとに設定しています。
基本開講時間は下記の通りです。
平  日 17時~21時
土日祝日 10時~17時

上記時間帯はあくまで基本開講時間です。
毎月満席のご予約をいただいておりますため、上記よりも開講時間を拡大していrことがほとんどです。実際の開港日時は月ごとに会員の皆様へお知らせしています。
※講演活動・教室メンテナンス・研究等の関係で月に数回休講日があります。

小論文以外の科目も教えてもらえますか?

現在小論文以外の教科指導はしていませんが、他教科の学習方法、教材選定のサポートや相談などは可能です。
※志望理由書、提出書類、面接指導は実施しています。
 

宿題はありますか?

はい、あります。当学院では、授業は「診察」、宿題は「処方箋」のようなものであるとして、大変重要なものであると考えています。原則毎回宿題は出しています。

欠席時に振替はできますか?

欠席した翌月末までを有効期限とし、振替先が確保できる場合に限り可能です。振替授業には所定の事務手数料が発生します。

講師の指名はできますか?

授業担当講師の指名はできません。ご了承ください。
入会後、当面は主任講師が授業を担当し、その後は主任講師が継続して指導する場合や、志望分野や学習状況に応じて他の講師が授業を担当するなど、最適な講師を選定します。

塾での授業の様子を保護者が知ることはできますか?

毎回授業での様子を記録した「カルテ」を編集し、翌月に「授業報告書」として一ヶ月分の授業記録をお送りしています。またご質問等がございましたら随時対応致します。

体験授業はありますか?

無料学習相談において、ご本人が書かれた文章や書類をご持参頂ければ、指導を体験して頂くことが可能です。

オンライン授業やオンラインでの学習相談はできますか?

2:当学院でやはオンライン授業などは実施していません。その理由としては以下の通りです。
1:当学院の生徒たちが、そもそもオンライン授業を希望していません。片道1以上かけて通塾する生徒がほとんどですが、希望制でオンライン授業を用意した際も全員が通塾を希望しました。よって当学院の生徒たちは教室での指導を切望していると理解しています。
2:当学院の指導は文字だけを見ているのではなく、話し方や表情・素振りなどから本人の思考を分析し、指導しています、このような指導はオンラインでは困難です。また、この指導の必要性を感じている生徒たちだからこそ、教室での指導を希望しています。
3:オンラインは大変便利なシステムです。しかし本当に大切なことは対面で話し合うものです。指導はオンラインで済むものではないと、教育を重視する方、そのような覚悟をもって臨まれる方に集っていただきたいと、当学院は願っています。
真剣に取り組む生徒へ 翔励学院は、圧倒的な指導力で合格へ導きます 完全予約制の無料学習相談受付中!
相談予約・お問い合わせ