社会人入試・編入対策

社会人入試・編入試験の概要

社会人入試や編入試験は、知識はもとより、学問に対する姿勢や学修計画などが問われます。現役の受験生よりも強い決意をもって入試に臨むということは言うまでもありませんが、果たして入学後、単位を取得し卒業まで成し遂げられるのか、就職などのキャリア形成はきちんとできるのか、将来性を問われます。

社会人入試・編入試験の対策

社会人入試でも編入試験であっても、「研究計画」を問う大学は多くあります。
自分がどのような研究をし、卒業後はどのように活かすのかを具体的に考えることが大切です。
現役生と違い、相当な覚悟をもって臨んでいるだろう、という前提で大学側は見ますので、こちらもそれなりの準備が必要です。小論文の課題として志望学部の専門知識を問う問題もあります。
合格者数も「若干名」としている場合が多く、「選ばれる」論文作成が求められます。

社会人入試。編入試験の準備開始時期

現役生と異なり、仕事や研究の合間に受験勉強をしなければなりません。物理的に勉強時間が制限されることを考えると、早い段階から準備することが必要です。
社会人入試を受けたい、編入試験を受けたいとお考えになられたら、すぐに準備されることをお勧めします。
準備に必要な期間はその方の生活状況にもよって異なりますが、入試前半年~1年程度とお考えいただければと思います。

翔励学院の社会人入試・編入試験対策

当学院では、受講生がどのような経緯で新たに大学進学・編入を考えているのかを共有し、その覚悟を大学に理解してもらえるように、書類作成や学修計画を立てていきます。小論文にいては、勉学から離れていても対応できるように、もっとも効果的な学習方法、これまでの経験が最大限活きるようなアピール方法を考案します。
真剣に取り組む生徒へ 翔励学院は、圧倒的な指導力で合格へ導きます 完全予約制の無料学習相談受付中!
相談予約・お問い合わせ